クレジットの金利は支払方法で変わる

クレジットカードを買い物に使う人が増えていますが、金利のことを気にしている人は少なくないようです。日頃何気なく利用しているクレジットカードですが、支払方法によって金利もずいぶん変わるようです。 クレジットカードでは、3回以上の支払いで金利がつきます。ボーナス一回払い、一括払い、2回払いでは金利は全くかかりません。分割払いのバリエーションに、リボルビング払いという支払い形態が存在します。 リボ払いでは、毎月一定の金額以上は請求されず、来月以降に回されるという分割方法です。利用額が増えると支払期間がのびて返済していない分には金利がかかります。 リボ払いの金利は、金融会社によって違いはありますが、おおよそ15%です。無駄な金利を支払わないようにするためには、クレジットカードの支払方法に注意が必要です。 例えば10万円の買い物をクレジットカードで行った場合、月々の5000円のリボ払いを金利15%でしていると13,000円もの利息がつきます 。1万3000円となれば、結構いい買い物ができるのではないでしょうか。金利に多額の支払いをするのは、できれば避けたいものです。 お得な支払い方法のつもりが、金利という形でクレジットカード会社に貢いでしまう結果になります。クレジットカードで金利を無駄に支払わないためには、できるだけ一括払いにすることが大切です。 お金 借りるならコチラ。

ページのトップへ戻る